急性腰痛(ぎっくり腰含む)について

辛過ぎる急性の腰痛でも大丈夫です

急性腰痛の改善率98.7%を誇る当院のヒミツをご紹介

本当に辛い急性腰痛こんなことが当てはまりませんか?

  • 起き上がるとき・立ち上がるとき凄く痛くて苦労する
  • じっとしていてから立ち上がると腰を真っ直ぐにできず曲がってしまう
  • 寝返りを打つにも一苦労するあるいは打てない
  • どんな体勢でも辛い・・・
  • 脚に痺れもある
(イメージ画像です)

このようなことのどれか1つは当てはまるのではないでしょうか。でも大丈夫です。

当院の技術で「なんとか楽になりたい!」という想いにしっかりとお応えいたします!

急性腰痛の原因

どうしてこんな辛い急激な腰痛が起こってしまったのでしょうか?その理由を見ていきましょう。

物を持ち上げた時グキッとなってしまった

ただでさえ物を持たずに上体を前に倒すという行為だけでも腰に負担が掛かりますが、そのとき腰を丸めていたら余計に大きな負担が掛かってしまいます。

ですから、物を持ち上げる時に腰を丸めていたら負担はとてつもなく大きいです。

仮にたった1回だけしかこのような持ち上げ方をしていなかったら痛みは出ませんが、そんなことはないはずです。何年にもわたって全く注意を払わずに何度も繰り返していたことでしょう。そのため腰への疲労が蓄積されてグキッとなってしまったのです。

洗顔や洗髪のときに上体を前に倒してグキッとなってしまった

これも上記同様に、上体を前に倒す行為に加えて腰を丸めたままおこなっているので、腰への負担が大きくなり疲労が蓄積してしまったからです。

咳・くしゃみをしたらグキッとなってしまった 

実は咳やくしゃみをしたときに腰の骨と骨の間にあってクッションの役割を果たしているゼリー状の「椎間板」という物質に大きな圧が掛かるのです。

後述しますが、普段の姿勢等が悪いことから腰(椎間板など)の状態が悪かったところに咳・くしゃみが引き金になって激痛が起こったわけです。

1日前(数時間前)にはちょっと痛かったのがじっとしていた後に激痛になってしまった 

例えば、1日前にちょっと腰が痛いなと思っていたら朝起きた時にまともに起き上がれないくらい痛くなってしまったとか、朝ちょっと痛かったのが日中に長時間座っていて立とうと思った時に激痛が走った、のようなケースがあります。

これも後述しますが、もともと普段の姿勢等が悪くて腰に疲労が相当溜まっています。そのうえに柔らかいベッドとか長時間座っていることが腰への負担を増加させ激痛が起きてしまったのです。

 

上述の原因は急激に痛めたきっかけに過ぎません。もっと大きな原因は、日頃から姿勢等の生活習慣が悪かったことからくる腰への負担・疲労の蓄積にあります。

ダムに水がどんどん溜まっていってとうとう決壊してしまったようなものです。満杯近くまで溜めていたのが日頃の生活習慣の悪さであり、決壊する引き金になったのが上述のような動作に当たるのです。

この場合も、腰の疲労蓄積に帳尻を合わせて体全体のバランスを保とうとするように背骨・骨盤が歪んで(ズレて)います。

さらには、歪んだ背骨・骨盤に帳尻を合わせてバランスを保とうとするように腰および体全体の筋肉が緊張します。もう悪循環な状態になっているわけです。

さらに状態的にもっと酷くなると、腰の骨と骨の間にある「椎間板」が後方(あるいは斜め後ろ)から逸脱したり膨らんだりして、神経を圧迫してしまっているケースもあります。この場合は痛みだけでなく、脚に痺れがあったり特定の筋肉の筋力低下、感覚の麻痺、などといった神経症状を伴います。(*)

* 後述しますが、椎間板ヘルニアと言われる状態でも、多くのケースにおいて背骨・骨盤の歪みを整えることでちゃんと改善します。諦めずに望みを持ってください。

 

ご安心ください。当院が急性腰痛からあなたを救います!

(イメージ画像です)

痛みが引いていくためには、硬く緊張している筋肉がほぐれること、痛みがある箇所の炎症がおさまることが必要です。

これを背骨・骨盤の歪み(ズレ)を調整することで実現させます。なぜなら、背骨・骨盤には腰に無数の筋肉が付着していますし、腰の骨(腰椎)や骨盤から神経がたくさん出ていて腰部を神経支配しているからです。そのため、背骨・骨盤の歪みを整えることで筋肉の状態がほぐれるなどして改善するのです。

実際の当院の整体調整ではDRT(ダブルハンド・リコイル・テクニック)という超ソフトな全身の歪みを取る整体法を用いて体全体を整えています。超ソフトではありますが背骨・骨盤を調整すれば良いわけで、誰でもそこに簡単にタッチできるような部位である為、力強さとかバキバキした調整は一切必要無くソフトな力加減でも充分可能なのです。

実際に当院の施術をお受けになられた殆どの患者様が、「こんなソフト整体で楽になるなんて本当に不思議!」とおっしゃられています。

※急性腰痛は体を動かすのが困難な場合も少なくありません。患者様の状態によっては調整時の体勢(仰向け・座位・うぶ伏せ)や矯正方法を臨機応変に決定し、お体への負担を極力少なくして歪みをしっかりと取り除くようにしています。

椎間板ヘルニアの状態でも多くのケースにおいて、背骨・骨盤の調整を繰り返すことで、腰の筋肉の緊張が緩んだり炎症が収まることに続いて椎間板の状態もじわりじわりと良くなっていきます。結果的に痛みや神経症状も改善します。

 

なんとかして欲しいその辛い腰痛も大丈夫です!

当院の激痛を改善できる確かな技術にお任せください。一度ご相談ください。

(イメージ画像です)