FXを数値で比較 FX@外為比較  
 http://www.fxonline-kuchikomi.com/

 

今週のクライアントさんの状態例 18年6月15日〜

  • 2018年6月17日 23:59




★ 慣れない靴

 

今まで痛みを訴えことのない箇所:両踵が痛いとおっしゃる女性クライアントさん。

 

「思い当たるフシは?」のこちらからの問いに「?」なクライアントさん。

 

痛むのは歩いている時という。

 

検査してみると、骨盤の歪みが大きいことが判明。一方の骨盤が前傾方向に大きくズレているのが直接の大きな原因だろうことが推察される。

続いて逆側の痛みは無意識に庇っていたからだろうと推察される。

 

そんなことをクライアントさんに伝えると、「靴が、そういえばいつも履かない靴でした。」とおっしゃる。

 

ヒールが高い靴なのか伺うとそうではない。 けれど変なぎごちない歩き方になったか伺うと、そうだ、とのこと。

 

やはり。 推察が確定に変わった瞬間。

 

こんなところでも、日常の体の使い方なり身に付けているものなりが体に大きな影響を及ぼすという一例でした。

 

 

 

★ 2週間前迄は超忙しく今回迄は落ち着いた生活だった女性クライアントさん。

 

前回は、ご自身が珍しく治療開始時から疲れを訴えていたぐらい体がガチガチだったけど、

 

今回は、前回ほどではなくいつも通りの疲労程度とのことで、やはり生活上も忙しさは落ち着いていたとのことで、お体の方もほぐれやすいほうだった。

 

如実に普段の忙しさが体調にも表れていらしゃったケースだ。

 

忙しくても規則正しく睡眠が取れていればまだマシでそうでないよりも体は楽だ。

 

けれども、お仕事など何らかの都合上そうもいかない場合も多々あるわけで、そうなると顕著に体に表れてしまうということ。

 

睡眠は体を修復するという意味においてもそれだけ大切だねー。

 

それでまかないれない分があるから不調になるわけだし、あるいは不調からの回復を滞らせているわけだし、そこのところを整体でフォローすれば回復するので、任せてください、というかんじ。

 

どうぞ皆さんが安らかな快適な体調になりますように!

 

 

 

★ 最初の主訴がいろいろある中で膝痛もそのうちの1つだった女性クライアントさん。

 

普段の生活ではもう痛まないぐらいに回復して、あとは治療時の検査では痛む程度になってきていた。それが右側の膝。

 

今日の治療時の検査では左の方も痛むとおっしゃる。

 

これはもういつもと違うことを何かしたに違いない。 なので早速尋ねる。

 

(長島)「〇〇(いつもやっているスポーツ)で何か特別な動きしませんでした?」

 

(クライアントさん)「いいえ、〇〇では特にやっていないんですけど、ちょっと家で運動をやり出したので、多分それだと思います。」

 

ふむふむ。 で、早速どんな動きをしたのか聞くと、なるほどそれが(検査で)痛む原因だと思うものだった。

 

だからといってそれをしないようにしなさいとは言いまへん。

 

せっかくご自身が興味を抱いて楽しく取り組み始めたものを無下にやめさせるなんてそんな野暮なことは言いまへん。

 

ま、それ自体悪い動きではないからというのは前提としてあるけど。

 

そのうち慣れてくれば(検査時の)痛みも出なくなる。

 

だから、「楽しんで続けてください。しばらくは痛みが出るかもしれないけど、それはこちら(施術)でしっかりフォローするので。」とお伝えした。

 

クライアントさんも喜んで、「はい」と仰っていた。

 

これでいいのだ。どしどし日常を楽しみましょう!

 


市原市の整体 まんまる整体院
〒290-0143
千葉県市原市ちはら台西5-23-6-103
0436-75-8385

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

No comments yet.

この記事にコメントする

ここまでの情報を記憶しますか?