整体とマッサージの違い

マッサージ屋さんには行ったことあるけど、整体院は初めてという方も多いのではないでしょうか?

このページでは、治療内容やその効果、資格などにおいてマッサージとの施術の違いをご説明いたします。

整体院の特徴1. ソフトな調整で症状の根本にアプローチします

(イメージ画像です)

整体では本当の原因を、背骨や骨盤の歪み(ズレ)にあると見立てます。或いは整体院によっては痛いところとは別の箇所の筋肉が硬くなっているからであると見立てたりします。

そのように見立てた根本原因にアプローチをします。そして根本原因にアプローチをするので様々な症状が良くなっていきます。

調整方法には、根本原因にアプローチすれば良いので力強くおこなう必要は決して無く、当院でおこなっているようにソフトで痛みも無いものがまず挙げられます。ほかにバキバキするけれど痛みは無いもの、バキバキして多少痛みを伴うもの、少数ですが強く押したり揉んだりして根本にアプローチするものもあります。

ちなみに当院のソフト整体は背骨をユラユラと優しく揺らす方法(DRT:ダブルハンド・リコイル・テクニック)をメインに用いていて殆どの症状がこれだけで良くなっています。

マッサージでは・・・

殆どのマッサージをおこなうところでは、症状があるところ、あるいは全身のうちの単に硬くなっているところを揉みほぐしたり、グイグイ押してほぐしたりするだけです。

術者の力加減で、痛(いた)気持ち良い程度の圧なら身体への負担は無くまだ良いですが、そうではなくとにかく硬い箇所をほぐそうとして強く揉んだりグイグイ力強く押したりすることは確かにほぐれはしますが、細い血管や筋細胞を壊してしまうので体が代償作用を働かせて逆に硬くなってしまいます。

より硬くなったところをじゃあまたほぐそうとして一層強い圧を掛けることになるので結局は悪循環になりがちです。

人によっては強く揉まれたり押されたりするのが好きだ、というケースもありますが、その人の自由だとはいうものの正直オススメしません・・・。

 

整体院の特徴2. 本当の原因を改善するので回復が早くて戻りにくい

(イメージ画像です)

整体院では痛みなどの症状を引き起こしている大もとの原因に対してアプローチしていきます。

その原因を取り除くことによって、全身の状態が良い方向に変わり出します。

なぜなら、身体というものは各部が単独で動いているわけではなく複雑に関係し合って動いているので、本当の原因というものが痛みを感じているところとは別の箇所にあることが殆どだからです。

そのため本当の原因を取り除く調整をおこなうことで、効果が表れやすく、そして維持されやすくなります。

マッサージでは・・

マッサージは痛いところ気になるところがあったらそこに直接アプローチすることが基本で、あとは惰性で首から足、腕も揉んでおこう、というような施術が多いです。

そのため、表面的な対処になりがちで効果を感じられないか、感じられたとしてもほんの一ときだけですぐに元に戻ってしまう、それが施術を何度しても延々と続く、というような傾向にあります。

 

整体院の特徴3. ポイントを押さえた聞き取りで、より正確に状態を把握します

(イメージ画像です)

症状を改善させるために重要なことは、当然調整技術に優れていることも挙げれらますが、その前にお体の状態を正確に把握することです。その組み合わせで効果の高い調整が可能になるのです。

問診時の聞き取りでは、どこが痛むのかを聞くのは当然ですが、痛めたきっかけ、期間、痛む体勢・動作、その他にも大切なポイントを要点を絞ってお聞きしていきます。

そのため、施術をする前の段階から、お体の状態のおよそ半分くらいは把握することができます。そこに実際の施術時の検査が加わればより万全な状態把握にすることができます。

マッサージでは・・・

マッサージ店では、痛いところを聞くだけというところが多いです。それだとお体の状態をできるだけ正確に把握するということは難しいです。

それ故に施術自体が、単に痛いところ気になるところを揉みほぐしたり、全身に対しても硬いところを揉みほぐすということしかおこなわない、ということに繋がっているのかもしれません。

 

整体院の特徴4.  カリキュラムのしっかりした学校卒なら安全で効果的な施術です

(イメージ画像です)

日本での施術に関する資格には、針灸師、あん摩マッサージ指圧師などの国家資格もあれば、公的な資格ではない民間資格のものもあります。

民間資格でも専門の学校で学ぶわけですが、カリキュラムがしっかりと組まれて医学的な知識や調整技術もきちんと学べ3年間位通う学校もあれば、早いものだと3ヶ月位で卒業できてしまって平易な知識・技術しか学べない学校もあったりと、ピンからキリまでいろいろあります。

効果の高さについていえば、国家資格者のおこなう施術のほうが優れているというように思われがちですが、残念ながらそうではありません。それらの施術には確かに保険が利くので1回の料金は安く済みます。けれども保険点数に応じた限られた対処・調整しかできないというデメリットがあります。

したがって実際のところ、民間資格を持っている整体院のほうが効果的な調整ができて回復が早いというケースが多いです。(*) (トータルでかかる費用も実費施術(民間資格者施術)のほうが安く済むということもあります)

現在、社会的な仕組みが変化している中で、国家資格を持っている人達が、民間資格の効果が高くて使える手技を習得している流れが強まっているぐらいです。

院長が卒業した学校の校長はカイロプラクティックの本場アメリカ(州が認めている公的資格になっています)に留学して資格を取っています。そこで体得した知識・技術を日本で教えていた学校です。

そのため、体に関する知識も持ち合わせ、そこに正確な調整技術を組み合わせているので、効果がしっかりと出て維持しやい施術をすることができます。

*上述のように民間資格を持つ院では実力に格差があるので腕の良い院でお受けになることが大切です

マッサージでは・・

マッサージでは、あん摩指圧マッサージ師という国家資格を持っている施術者は体に関する知識はちゃんと持っています。そして体の硬い箇所をほぐす技術も持っています。あとは痛みなどが改善する為に大切なことは、本当の原因をちゃんと解消してくれるかになります。そこは個人差があるのではないでしょうか。

いわゆる10分¥1,000位の単位で提供しているマッサージ店には国家資格を持っている人もいれば持っていない人もいます。

そのようなところは、慰安的・リラクゼーション的なものを提供している施術者が多いですが、きちんと痛みからの改善をしてくれる施術者もいるかもしれません。