慢性腰痛について

改善率93.8%!腰痛改善に強い当院のヒミツをご紹介

このような腰痛で悩んでいませんか?

  • じっとしていてから立ち上がる時に痛みが走る
  • 朝、起き上がろうとすると痛みが走る
  • 座っていると痛くなってくる
  • 立ち続けるなど同じ姿勢をしていると痛み強くなってくる
  • 仰向けで寝ていると痛くなってくる
(イメージ画像です)

一つでも当てはまることがあっても大丈夫です。

当院がそのお悩みを改善いたします!

慢性腰痛の原因

慢性腰痛を引き起こす原因には以下のようなものがあります。

長時間座っている

同じ姿勢を続けるということはそれだけで体に負担が掛かります。それは、私たちは就寝中に寝返りを打って体への負担を減らしていることからもお分かりいただけると思います。

加えて座るという姿勢自体が横になっている時よりも腰への圧が掛かるので、腰への負担が大きくなるのは当然といえば当然といえます。

座っている姿勢が悪い

主に、腰を後方に丸めて座っている姿勢が良くありません。 上記のようにただでさえ座るという姿勢は腰に圧が掛かるもので、さらに腰を丸めていたら非常に大きな負担が掛かってしまいます。

上体を前に曲げる姿勢や動作が多い

座っている時に腰を丸めるのがとても悪いのと同様に、上体を前に曲げる動作や前に曲げたまま何らかの作業をする時に腰が丸まっていると、腰への負担は非常に大きくなります。

長時間立ち続けている

長時間立つ、という同じ姿勢を取っていると腰への負担がとても大きくなります。

 

上記のような生活習慣のために腰に負担を大きく掛け、筋肉が硬くなり疲労してしまうので腰痛が生じるのです。

さらに硬くなった筋肉と帳尻を合わせるように腰の骨(腰椎)を中心として背骨・骨盤に歪み(ズレ)が生じてしまい、それがまた腰の筋肉を硬くしてしまうという悪循環に陥ってしまっているのです。

 

他に腰椎椎間板ヘルニアの状態で慢性腰痛になっているケースがあります。その場合は腰の骨と骨の間にある椎間板というゼリー状の物質が主に後方に突出あるいは膨れてしまい、それが神経を刺激・圧迫しているので腰痛が起きています。

 

もう大丈夫です。当院の整体で慢性腰痛からあなたを救います!

(イメージ画像です)

腰の筋肉が硬くなっていることが直接的には慢性腰痛を引き起こしている主な原因ですので、硬くなっているのを柔らかくほぐれた状態にすれば良いわけです。

それを単に硬い箇所に直に力を加えてほぐすというのは上辺だけの施術でしかなく、本当に大切なのは体の中心軸となっている背骨・骨盤の歪み(ズレ)を元に位置に戻すように調整することです。そうすることで根本から腰痛が消えて楽になります。

施術方法はたとえ小さな優しい力であってもそれが背骨・骨盤に対して加われば良いので、強い圧を加えるだとかバキバキするだとかは全く必要ありません。非常に優しい整体法だけで充分に歪み・ズレが正されて身体が整います。

実際の当院の整体施術では、DRT(ダブルハンド・リコイル・テクニック)という非常にソフトな方法を用いており、殆どの患者様が「こんなソフトな整体で良くなるなんて不思議だわ〜!」と驚きになるぐらいの結果を出しています。

 

「こんなに辛い腰痛から解放されたい!」を実現いたします

当院の確かな技術で辛い腰痛を楽にして差し上げます。諦めなくて大丈夫です。一度ご相談下さい。

(イメージ画像です)